買い物をすると、買った商品を袋に入れておうちに持ち帰ります。最近ではマイバックの普及も進み、スーパーでビニール袋をもらう機会が少しずつ減ってきましたが、服屋さんで服を買った時などはやはり紙袋に商品を入れておうちに持ち帰ります。その紙袋を「いつか使うかもしれない。」「また何かを入れるときのためにとっておこう。」と思ってついつい家の中にため込んでしまいがちです。しかしいざたくさんため込んでおいてもなかなか使う機会が少なくどんどん数が多くなってしまう、と悩んでいる方も多いはずです。しかしその袋を活用する方法はたくさんあります。今回はおうちに余っている紙袋の活用法をご紹介します。おうちにたくさん袋が余っている方は是非参考にしてみてください。

収納ボックスに変身させて活用しましょう

おうちにたくさん余っている袋は折って収納ボックスに変身させてしまいましょう。作り方は簡単で、袋の口を内側に折りたたむだけ。折りたたむ長さによってボックスの大きさも調整できるので、自分の用途に合わせて使用することができます。また、紙の袋で作っているのでもし汚れてしまってもすぐに新しいボックスを作って交換できるのも一つの魅力です。例えば調味料を収納したり、野菜ボックスにしたりするともし汚れてもすぐに交換できるので便利です。もちろん小物を入れたり、本棚に入りきらない本を入れたりすることもできます。ものを置く場所がなくて困っているけれど、入れ物を買うことに迷っている方はぜひ余っている袋を活用してみてください。無料ですし、すぐに実践することができます。

そのままインテリアにして活用しましょう

余っている袋はあるけれど袋のデザインは気に入ってるので折りたたんで収納ボックスにするのはちょっと、、と思っている方はそのままインテリアとしてお部屋に飾ってみましょう。壁に袋をかけてそのまま収納ボックスとして使えばお気に入りのデザインもそのままに収納ボックスとして活用できます。小物をいれるのもいいですし生花や造花をいれてもかわいいです。また、中に一枚ビニール袋を入れて壁掛けゴミ箱として利用するのもいいです。捨てるときは中のビニール袋を取り出して捨てるだけなので便利です。また、フレームに袋をいれて飾ればおしゃれなインテリアとして活用することもできます。植物の鉢カバーとして使えば、お部屋を土で汚す心配もなく見た目もおしゃれなので観葉植物を育てている方は試してみてください。