紙袋って知らず知らずの内に溜まってしまいますが、デザインが気に入ったものや好きなブランドのものなどは、捨ててしまうのはもったいないと思われる方も多いのでは。ショップが喧伝のために作るオリジナルのショッピングバッグはそのものがオシャレな場合もありますし、コンビニ等で買えるものには素敵なデザインの商品が増えてきました。捨てずにとっておきたいと思ってもなかなかうまく収納できなくて悩んでいる方も多いかもしれませんが、大きさごとにまとめて袋に分けてしまうと便利です。外出先でふいに荷物が増えた時には大変重宝する紙袋ですが、バッグ代わりに使うだけではなく、実は色々な使い方が出来るんです。ここではその使い方をご紹介しましょう。参考になる使い方もあるかもしれませんよ。

そのままの形で有効利用する方法

まずはそのままの形でつかう方法です。習い事に行くときに換えのシューズを入れて行くと汚れても気軽に捨てられるので便利です。クリーニングに出すときも、汚れた衣類を入れても気になりません。自治体によっては紙類を資源ごみとして収集している所がありますが、フィルムカバーがないものに雑紙をまとめておけば、そのまま出せるので便利です。メール便やちょっとした小包みを出す際にも、封をしてそのまま送ることが出来ます。お土産を渡す時や友人に本などを貸す時、バックや靴の保管をするのにも使えますし、旅行の際に荷物を分類して持っていくのにも便利です。お部屋に置く屑入れの代わりに置いたり壁に吊るしたりすることで、部屋の雰囲気を壊すことなくオシャレな使い捨て屑入れとして使うことが出来ます。

今話題のリメイク活用術について

紙袋をリメイクしてオシャレに使う方法が今話題になっています。取っ手部分を取り外して折りたたむだけで、ポケットティッシュの収納にピッタリです。丈夫で大きなものでしたら野菜ストッカーとしても役立ちます。小さいものを引き出し収納として使い整理整頓に役立てるのもいいでしょう。横部分に切り込みを入れてタオルストッカーとして吊るしておくのも便利です。解体して封筒やブックカバーにしたり、うちわに貼ってお気に入りのデザインを残しておくのもいいですね。写真立てにいれて飾ったり、壁に吊るして小物を飾りインテリアとして使うことも出来ます。アイディア次第で楽しい使い方が色々出来そうですが、参考になった使い方はあったでしょうか。紙は大切な資源でもありますので、ゴミにして出すときには資源ゴミとして出してくださいね。